Greasy Fork is available in English.

Greasy Fork が読み込むユーザースクリプトのメタキーの一覧です。以下の一覧にないキーをスクリプトに含めることも可能で、そのキーはインストールされたスクリプト中にも含まれることになりますが、Greasy Fork の UI (表示) には影響しません。

§@name
見出しやリンクとして使用されるスクリプトの名前。必須。
§@name:XX-YY
特定のロケールにおけるスクリプトの名前で、XX はISO 639-1の2文字コード、任意指定の YY はISO 3166-1の国名コード。ユーザーが対応するロケールで閲覧しているときに、@name を上書きします。
§@description
スクリプトがなにをするのかについての説明。スクリプト名の下にテキストとして表示。必須。
§@description:XX-YY
特定のロケールにおけるスクリプトの説明で、XX はISO 639-1の2文字コード、任意指定の YY はISO 3166-1の国名コード。ユーザーが対応するロケールで閲覧しているときに、@description を上書きします。
§@namespace
ユーザースクリプトマネージャーは、@namespace@name の組み合わせで、スクリプトがすでにインストールされているか否かを判断します。Greasy Fork ではこのキーを必須としており、スクリプト更新時に変更された場合は警告を表示します。
§@version
Identifier for a specific version of a script in Mozilla version format. Version is displayed on a script's info page. Greasy Fork requires this field and will warn if it's decremented or if it's not incremented when the script's code changes.
§@include, @exclude, @match
スクリプトを実行するページを指定します。この一覧は処理されてスクリプトの情報ページに表示され、またスクリプトの分類に使われます。各スクリプトには 1 回以上の@match@include を含めてください。そのフォーマットについては ここをお読みください。
§@require
スクリプトへの外部 JavaScript の読み込み。コードに外部スクリプトを含める場合のルールを参照してください。
§@updateURL, @installURL, @downloadURL
ユーザースクリプトマネージャーが更新を取得する方法の記述。Greasy Fork はこれらのキーを取り除き、Greasy Fork からインストールされたすべてのスクリプトが Greasy Fork から更新されるようにします。
§@license
スクリプトのコピーや変更の許諾について記述されたライセンス。the SPDX License Listの「Full name」、または「Identifier」の記載を推奨します。ライセンスの欠如は、私的使用目的でスクリプトがインストールできることを意味しますが、再配布することはできません。ライセンスはスクリプトの情報ページに表示されます。
§@supportURL
ユーザーがスクリプトのサポートを受けることができるページの URL (例: バグトラッカー、フォーラム、電子メールアドレス)。サポート URL はスクリプトのフィードバックページに表示されます。
§@contributionURL
ユーザーがスクリプト作者に寄付することができるページの URL。貢献 URL はスクリプトのフィードバックページに表示されます。http、https、bitcoin スキームの URL が指定可能です。PayPal の寄付ページにリンクするには、https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_donations&business=your.email.here%40example.com&item_name=Greasy+Fork+%E5%AF%84%E4%BB%98 のような形式の URL を使用し、サンプルのメールアドレスを自分のものに置き換えます。
§@contributionAmount
提示する寄付金額。@contributionURL と共に使用します。
§@compatible
スクリプトがどのブラウザと互換性があるか。互換性はスクリプトの情報ページに表示されます。@compatible firefox ポップアップブロックの無効化が必須 のような形式で、互換性に関するコメントを含めることもできます。認識されるブラウザ: firefox, chrome, opera, safari, edge
§@incompatible
スクリプトがどのブラウザと互換性がないか。互換性はスクリプトの情報ページに表示されます。@incompatible firefox Firefox 23 以降で動作しない のような形式で、互換性に関するコメントを含めることもできます。認識されるブラウザ: firefox, chrome, opera, safari, edge
§@antifeature
Discloses features in a script that are there to benefit the author, not the user. The format of this key is @antifeature type description. type is required, description is optional. Read here for info on the types read by Greasy Fork.
§@antifeature:XX-YY
@antifeature の説明を特定の言語で記述します。XX は ISO 639-1 の2文字コード で、YY として ISO 3166 の国名コード を追加することもできます。ユーザーの使用言語にマッチした場合に、 @antifeature の内容を上書きします。