Greasy Fork is available in English.

feeder-chat-library

feederチャットのユーザースクリプトが作りやすくなるかもしれないライブラリ。

このスクリプトは単体で利用できません。右のようなメタデータを含むスクリプトから、ライブラリとして読み込まれます: // @require https://greasyfork.org/scripts/373658-feeder-chat-library/code/feeder-chat-library.js?version=715078

質問やレビューの投稿はこちらへ、スクリプトの通報はこちらへどうぞ。
作者
センピウス・イキスギウス
評価
0 0 0
バージョン
0.0.1.20190705165520
作成
更新
ライセンス
不明
実行されるサイト
すべてのサイト

スクリプト作者による説明

ソースコードを読んだら分かる。

使用例(動作の確認をしたい方は)

https://greasyfork.org/ja/scripts/380483




★使い方


@requireでライブラリのURLを指定した後、

最初に。

const feeder = Feeder_Chat_Library;

こう記述したらfeederオブジェクトのメンバ関数として使えるようになる。




★関数群のリファレンス


●getMyName
自分の名前を取得する。
装飾タグを使い過ぎると正常に取得できなくなるので注意。



●getPostInfo
既に投稿された内容に関する情報を取得する。
失敗したらnullを返す。
name: 名前
text: 内容
trip: トリップ
time: 投稿時間



●getPostList
投稿リストをjquryオブジェクト形式で取得する。



●getPostId
ページに表示されている一番上と一番下の投稿のidと、投稿数を取得する。
top: 一番上のid
btm: 一番下のid
length: 投稿数



●getEnter
最新の入退室ログを取得し、「名前」と「時刻」と「入室か否か」を返す。
無ければnullを返す。
name: 名前
time: 入退室時間
join: 入室か否か ( bool値 )



●input
発言内容入力フォームの情報を取得する。
feeder.input(); // 取得
feeder.input("入力内容"); // 入力



●post
引数の内容を投稿する。



●toMultiInputForm
入力モードを強制的に複数行モードに変える。



●insert
関数が実行される前か後に任意の関数を実行するように設定する。
feeder.insert("postFeed",()=>{},false); // postFeed()が実行される前