Greasy Fork

Shined up real nice.

Greasy Fork is available in English.

AbemaTV Auto Reload

AbemaTV(HTML5版)閲覧中に動画が止まったとき、動画を再読み込みします。

広告
作者
midori
1日のインストール
0
インストール
461
評価
1 0 0
バージョン
15
作成
更新
ライセンス
不明
実行されるサイト

スクリプト作者による説明

AbemaTV閲覧中に動画が停止したとき、動画を再読み込みします。

このユーザースクリプトはAbemaTVの動画をHTML5版(ブラウザのFlashプラグインを無効にした状態)で閲覧するユーザー向けです。Flash版で閲覧する場合は動作しません。

Tampermonkeyをインストールしたブラウザで動作します。
Chromeでの利用を推奨します。他のブラウザでは一部の機能がうまく動作しないことがあります。

機能

  • 動画が停止したとき、動画を再読み込みして再生を試みます。
    • 動画を再読み込みしても再生が再開できなさそうなとき、チャンネルを切り替えます。
  • 以下のショートカットキーを使用できます。
    • Shift+1~6:画質を変更する(1:通信節約モード~6:最高画質)
      • すべての画質が用意されていない番組では一部の画質には変更できません。
    • Shift+0:画質を自動で最適化する(このスクリプトを使用していない時と同じ)
    • Ctrl+Shift+1~6:現在のタブで見ている動画の画質を一時的に変更する
      • 複数のウィンドウを開いて異なる画質で見たいときに使用してください。
      • タブを閉じるとこの設定は破棄されます。
    • Alt+Ctrl+Shift+1~6:「自動で最適化」画質で使用する各画質の有効化/無効化を変更する
      • 画質の有効化を1つだけにすることはできません。
      • このショートカットキーは画質が「自動で最適化」(Shift+0)のときだけ使用できます。
    • Alt+Ctrl+Shift+0:「自動で最適化」画質で使用する各画質をすべて有効化する
      • このショートカットキーは画質が「自動で最適化」(Shift+0)のときだけ使用できます。
    • Shift+9:解像度の情報をデスクトップ通知する
    • Shift+i:解像度や画質などの情報を表示する
      • Ctrl+Shift+1~6で画質を一時的に変更している場合は「選択中の画質」の画質名に*印が付きます。
      • 「自動最適化画質」は「自動で最適化」画質を選択しているとき、有効化した画質の一覧を表示します。
      • 「選択可能な最高画質」は最高画質に切り替えるまで表示しません。
    • Shift+[:再生速度を0.1倍減らす(0.5倍速まで)
    • Shift+]:再生速度を0.1倍増やす(2倍速まで)
    • Ctrl+Shift+[:再生速度を0.5倍速にする
    • Ctrl+Shift+]:再生速度を2倍速にする
    • Shift+Backspace:再生速度を1倍速にする
    • Shift+Space:一時停止する(もう一度押すと再生)
    • 再生速度変更や一時停止は番組開始時などで再生タイミングを合わせるときに使用してください。
  • ページを開いたとき・チャンネルを切り替えたとき・画質が変わったとき、左上に動画の画質を表示します。
  • 配信方式がMPEG-DASHの動画では再読み込み関連や画質関連の処理は行いません。
    • 閲覧中の動画の配信方式はShift+iキーで確認できます。

その他

  • AbemaTVではHTML5版での閲覧は推奨していません。
  • 10秒ほど経っても動画が止まったままの場合、手動でチャンネルを切り替えるかページを再読み込みしてみてください。
  • 画質を変更したときにうまく再生できなくなる場合、安定するまで待つかページを再読み込みしてください。
  • 使用しているPC環境によってはHTML5版はFlash版と比べて動画閲覧中のCPU使用率が半減します。
  • 画質変更時に表示される画質名が指定した画質と異なることがあります。
  • 極稀に画質が変わるまで動画が止まったままになることがあります。
  • このスクリプトを使用しなくても、ブラウザのウィンドウの大きさを変えたりフルスクリーンにして動画の表示サイズが変わったとき、動画の解像度も自動的に変更するようになっています。